Andante ゆっくり手作り

好きなこと 縫うこと&編むこと♪

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リバティ シルクプリント買っちゃいました♪

先日、久しぶりに会ったハンドメイド友人から
「リバティのシュシュ、持ってるかもしれないけど」
とプレゼントしてくれたシュシュ
タナローンではなく、シルクで作ったとのこと

確かにやわらか~い♪ クシャってつぶれない♪

シフォンの生地は持っているけど
そういえばシルクって買ったことないな~と思い
名古屋の大塚屋まで見に行きました


大塚屋といえば、店員さんは布に詳しく
そしてレジでの流れ作業のプロ
ボケーっとしてたら、働けなさそう・・・


リバティの置いてある付近をウロウロしても
シルクが見つからない
無いのかな~せっかく来たのにな~
(いや~リバティ売り場にたどり着くまでに荷物いっぱいでしたが)


店員さんに聞いてみると、案内されたのが
「特選服地」のコーナー。高級感があふれていて、絨毯敷き!


ありましたよ~シルクサテンのリバティ
8種類ぐらいしかなかったのですが
そのうち6種類ぐらいは買いたい柄だな~と思って値段をみたら
「1m6,610円」の値札!タナローンの倍以上!
1mずつ買ったとしたら、4万円!ムリ!


厳選して4種類をちょっと買い

PICT0548_20120731172208.jpg

PICT0550_20120731172204.jpg

PICT0551.jpg

PICT0552.jpg

ツヤと手触りがさすがです♪
ツヤツヤ、ツルツル、ピカピカ~
友人からもらったシルクとは、また違ったタイプ


そして、さすが「特選服地」コーナー
他の売り場は自分で反物抱えて、ならんで
切ってもらってレジという流れなんですが
切ってもらうまでは一緒で、あとは
イスに座って待ってて、店員さんがお会計を
済ませてきて持ってきてもらう、デパートのような感じ

しかも、他のコーナーはリバティですら
畳んだあと、紙でクルクル巻かれてしまうのですが
1m6,600円超のシルクは、ちゃんと袋に入れてくれました


他のお客様は「いつもここで服をオーダーしてるのよ」って
感じの上品な年配の方などでした
うらやましい限りです

シュシュが作りたくって・・・なんて言えない雰囲気でした
針も糸も細いの買ったし、作りますよ
シュシュだけどね。





先週までは次女の部活、市の大会、地区大会、県大会でした
地区大会までは、標準記録が突破できてますが
県まではまだまだ・・・

今年は強い3年生がいるので、県大会を見に行ってきました
うちの市は基本、なんでも熱心
部活動も盛んで、結構県大会常連(でも常勝ではない・・・)


県なので、いろいろなところから集まっています
学校によっては、県大会に出る子と顧問数人のところもありますが
O市は、基本全部員参加な雰囲気
座席が区切られているので、ここだけギューギュー

しかもレースが始まると、他は自分の学校のみを応援
でもうちの市は、誰か1人でも市の学校の選手が泳ぐと
全員立って、大応援!! 

市からは沢山の子が出ているので
1日目は、ずっと応援しっぱなしで疲れが・・・
(9時から17時ぐらいまでらしい)
2日目は、決勝レースだけの応援になりました


熱心とも思えるけど、離れてみていると
ちょっと浮いてるとも・・・
あらためて、熱心な市なんだな~って思いました


まだ東海大会にも出る子もいますが
大半の3年生は引退
9月の新人戦にむけて、頑張っているようです



応援のポチお願いします♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ 

 
  
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。