Andante ゆっくり手作り

好きなこと 縫うこと&編むこと♪

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベルニナミシンその2 トラブルの巻

ベルニナミシンを購入する方ってやっぱり
ミシンキルトが目的の方が多いのかな~
私はニットソーイング用で、パワーが欲しくて
購入しました。


トラブルその①


ニットソーイングやピアノ発表会用などのサテン生地などを
縫うときは「ウォーキング押さえ」が便利です。
PICT0185.jpg

上からも布を送ってくれるので、滑りやすい生地
逆に滑りにくい生地どちらも普通の押さえより
快適に縫えます。


「快適快適~」とじゃんじゃんニットを縫っていたら
ポキ!っと折れました。
針ではなく、ミシンの芯棒です。軸です。
まだ半年ぐらいしか使ってないし、まして金属で
一番重要な部分が折れるなんて思ってもみませんでした。


修理に出したところ、おじさんは
「これね~ウォーキング押さえで負担がかかってるからね~
 保証対象の部品じゃないから有料ね」
え~純正部品で普通に使ってて半年なのに!



トラブルその②


ミシンを2週間ほど使わないことが続いた時
スイッチをいれても電源が入らない…
そのまま数分待つと急に電源が入るんです。
それが数分の時もあれば、10秒ぐらいの時もある
でも一度電源がはいると、その日はいくら
つけたり消したりしても大丈夫。
ミシンを使わない日が数日なら大丈夫


ミシンの暖気なんてあるはずないので
またまたおじさんを呼びました。
でも、一度電源が入ってしまうと数日大丈夫なので
「スイッチを入れる」→「動かない」の再現が難しい…


結局口頭で説明だけして、修理工場へ
「今度は無償で〇〇を交換したからね~」
返ってきてすぐの動作確認はOK
でも、やっぱり数週間使わないと電源入らないまま…


またまたまたおじさんを呼んで
「全然直ってないんです。でも
故障しているところを見てもらうには
ある程度、間をおかなきゃいけない。
でも使う予定があるので、困ってます」


おじさんは、今度は代わりのミシンを持って
来てくれました。
そして、ふとひらめいたように
「こっちのミシンの電源コードいれてみようか」
「お!動いた動いた。なんだ電源のコードが
悪かったんじゃないか~。修理出すの
大変だからコード取り替えよう」
そそくさと帰ってしまいました。



「だから、さっきまで使ってたから当たり前じゃん
何度同じこと説明すればいいんですか!
日にちをあけて使おうとしたら、いつも電源が
はいらないのは、どこか壊れてるってことですよね!」
という間もなく…
「自分が売ったミシンじゃないから、僕知らない」
という姿勢に疲れてしまいました
代わりのミシンはベルニナだけど
違う型番だったので、ミシンにきっちり
電源コードが入りません…
PICT0178.jpg

浮いてるのわかりますか?


コードを交換して直ったかというと直ってません。
今でもしばらくつかわないと電源がつくまでに
時間がかかります。


でも、もうおじさんに連絡するのはやめました。
会社なくなっちゃいましたね。


今は、実家の近くにベルニナジャパンの代理店があるので
帰省の時に開いていれば押さえや針を購入してます。
「うちの店なら新品を(私が買った値段と)同じぐらいで
売ってるし、サービスで押さえを更につけてるし
メンテもするし、プログラムの更新もしてあげるよ~
ミシン持っておいで!」と親切にというか
すごく同情してくれます。
でも新幹線で帰るのにミシンはムリです。


トラブルおまけ

もうイイやって思ってそのままにしてること
PICT0180.jpg

矢印が返し縫いのボタンです
ここを押している間は返し縫いになります。
でも私のミシンの返し縫いボタンは
押すとめり込んでしまいます
PICT0181.jpg

縫い始めに返し縫いをして、さあ縫い始めるぞ!と
フットコントローラーを踏むとバックしてしまいます。
一回一回つめでボタンをひっぱりだしてます。


それから、セーブ機能というものがついていて
ボタンを押すと、プログラムはそのままで
主電源は切らず、パネルスクリーンなどの
画面が消える一旦お休み的なボタンがあります。


普通はパネルスクリーンや手元ライトが消えますが
私のミシンはパネルスクリーンが消えずに
謎の数字が並びます。
普段は縫い目の大きさが表示されてる部分です
PICT0186.jpg



とりあえず、縫って作ることには支障ありません。
6年間がんばって働いてくれています。
子供の代まで大丈夫というふれこみで買ったミシン
これからもがんばってもらいたいです。
これ以上壊れないで~


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ  banner_04.gif
 

↑ランキングに参加しています。ポチっとしていただけるとうれしいです











スポンサーサイト

Comment

ベルニナ 

はじめまして。
こんな事もあるんだなって読ませていただきました。
せっかく、いいミシンを購入したはずなのに残念ですね。
私は職業用・家庭用・ロックミシン・カバーステッチロックミシンの計4台のミシンを持っているのですが、
ベルニナのミシンにも憧れていて欲しいんです。
やはり購入する時は注意が必要なんですね。
私がよく読ませていただいてるブログで
『tetettaのミシン修理日報!』http://blogs.yahoo.co.jp/tetetta というのがあります。
私は修理もメールもしたことがないのですが
この方はよくベルニナの修理をしていますよ。
  • posted by べべ 
  • URL 
  • 2008.03/15 03:07分 
  • [Edit]
  • [Res]

ありがとうございます! 

ベベさんはじめまして。
一揃いミシンをお持ちなんですね。
実は、ロックミシン(衣縫人)を購入するときも
よく検討もせずに
「後で買いなおさなくても良いロックミシンください」と
ミシン屋さんに突撃e-282
よく調べたらPB商品で、同じ普通モデルを買ったほうが安かった…

教えていただいたブログ、こんな方に一度
うちのベルニナ診て欲しいです。
ありがとうございましたv-10
  • posted by めぐみや 
  • URL 
  • 2008.03/15 16:02分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。